読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代アトピーOLの模索

”完治でなくても、日常生活やおしゃれを普通に楽しめるような状態を維持”を目標に模索していくブログです。アトピー改善に向けて興味のあることを実践したり、継続して使っているものの紹介、情報やニュースのメモを個人的な感想ベースに書いています。

”完治でなくても、日常生活やおしゃれを普通に楽しめるような状態を維持”を目標に模索していくブログです。アトピー改善に向けて興味のあることを実践したり、継続して使っているものの紹介、情報やニュースのメモを個人的な感想ベースに書いています。

顔のアトピーと保湿。私の化粧品の選び方

こんにちは。20代アトピーOLです。

 

私は顔のアトピーは酷くないほうです。

見た目にはあのザラザラ感が出てないし、首には夏でも出ない人なので、

付き合いの長い友人にさえ、「アトピーなんだけどね、‥」と自然に話すと「そうだったの?全然そんな感じしないね」とほとんどの確立で言われます。

 

自覚としても、

  • 頬を触って斑にザラつく部分がある
  • 乾燥が超激しい

程度なので、頭皮や身体と違って「アトピーケアしなきゃ!!」という意識が薄い部分です。

というか、これらがアトピーのせいだろうなと思ったのは最近のことです。

 

私の顔の乾燥の激しさはすごいです。

お風呂で湯船に浸かっていても、周りが湯気だらけなのにかかわらず顔の皮膚が突っ張ってきます。

これは誰に言っても驚かれるので、ただ超乾燥肌なんだな~と思っていたんですが、

頬が部分的にザラついているのを発見して、アトピー肌のせいだと認識しました。

 

そんな私ですが、ここ数年落ち着いている化粧水はこちらです。 

ハダノミー 濃化粧水 200ml

ハダノミー 濃化粧水 200ml

 

 HADANOMYというシリーズの濃化粧水という商品で、

中の液はゼリーまでいかないくらいの硬めのジェルです。

 

ちなみにシリーズには「化粧水」や「濃ミスト」があるんですが、私はこれだと一本でOKなのでこちらをリピートして使っています。

化粧水→乳液→美容液というのは手間だし場所もとるし経済的にもあれなので、できるだけオールインワン的な化粧水を探して辿りつきました。

 

お風呂上りに手に取って顔と首に広げれば、夜→朝までは保湿されています。

冬は1回馴染ませてから、もう1回繰り返すと、そのあとドライヤーしても顔は無事です^^!

 

使用感としてはつけた後、髪が張り付くくらいはベタつくので、結構な乾燥肌じゃないと苦手に感じる方もいるかもしれません。

それがベタつくととるか、潤っているととるかは個人差ですが^^;

ドライヤーしたらちょうどいい潤い具合になるので、寝るときにはもう気になりません。

 

ただこの化粧水の残念なところは、薬局で売らなくなってしまったこと‥。

使い始めた頃は店頭に並んでたんですが、ここ数回はAmazonにお世話になっています。安いし。笑

そもそもが定価でも安くてコスパ最強なので、なんとしても販売を続けてほしいと祈るばかりです。。!

 

使用感にゾッコンなのでここまでの話が長くなってしまいましたが(笑)

 

いいなーと感じた理由のひとつにニキビが減ったこともあります。

減ったのは保湿したから乾燥が原因のニキビが治った、という理由かもしれませんが、

この化粧水がノンコメドジェニックだったからだというのが大きいと思います。

 

ノンコメドジェニックとは、簡単にいうとヒトで試験をしてニキビができにくいと認められた処方のことです。

 

ハダノミーを使うまでそんな試験があるということすら知らなかったですが、ボトルに書いてあるのを発見して調べてみて、ニキビが減ったことに合点がいきました。

 

それがわかってから、肌につけるものを選ぶときはまずはノンコメドジェニックで探すことにしています。

ファンデーションを肌に乗せるのも、アトピーや肌荒れがひどくなると嫌だからと、友人の結婚式などのお呼ばれのとき以外はノーファンデで過ごしているんですが、

ノンコメドジェニックのファンデも売られていたりするのでそのうち試してみたいと思っています^^

 

アトピー肌だと化粧品ひとつひとつに適当なものを選んでいられないので苦労しますが、良いものを見つけたときは嬉しさも何倍にもなりますね。そしてその商品の信者になります笑

背景画像:ふわふわ。りさんよりお借りお借りしています